新生銀行レイクの審査に落ちない3つのポイント

はじめて、カードローンでお金を借りることを検討する場合、審査が通るか不安ですよね。審査に落ちない3ポイントをまとめましたので参考にしてみて下さい。

☑ 正しい情報を入力する

審査に通りやくする為に、年収を実際より高くしたり、勤続年数を長くしたたりまた、借入をしている場合は実際よりも少ない借入額を書いたり等、嘘をついては行けません。

年収は給料明細や源泉徴収票の提示を求められた場合にバレます。勤続年数は保険証の提示でバレます。借入額は信用調査されますのでバレます。また、過去にカードローンの申込みをしていた場合に、その時の元データも参照されている可能性もございます。

嘘がバレた時点で信用をなくし、その時点で審査NGとなりますので、正しい情報を書きましょう。

☑ 入力ミス、記載漏れに注意

いくら、正しい情報を書いても、入力ミスがあると結論、嘘をついたと同じことになります。以下の項目はよくミスが起こりやすい為、注意しなが入力をして最後に必ず見直しをしましょう。

・メールアドレスの入力ミス

・電話番号の入力ミス

・会社の連絡先を部署直通ではなく代表番号を記載

☑ 借入希望額は必要最小限

申込みの際に希望借入金額の入力項目がありますが、申し込み会社の印象を良くするために借入の必要最低限にしましょう。

借入希望額が大きことで審査NGになる事はないと言われてますし、借入希望額を30万円にした場合に与信結果の限度額が10万で提示される事もあれば、50万で提示される事があるためです。

ただ、必要最低限といえども借入希望額は収入証明書の提出が不要な範囲の金額にしたほうが良いです。新生銀行レイクの場合は借入希望額が100万円以下の場合は収入証明書は不要(消費者金融の場合は50万円以下)

収入証明書を提出することで、通常より審査に時間がかかる場合がある為、即日借入した場合が注意しましょう

⇒ 審査のポイントに注意しながら、新生銀行レイクのカードローンを申込んでみる。

新生銀行レイクの審査に通過しやすい条件とは?

やはり、安定した収入のある方が一番のポインとです。

お金を貸す側にとって、一番のリスクは貸し倒れなって返済されなくなることです。当たり前ですが、不安定の収入でだとお金を返してもらえないリスクが高まるので審査を通せなくなります。

そして、勤続年数が長い方も審査通過の有利なポイントです。

一つの会社で長く働いている方は収入を安定している裏付けとなりますので、審査を通過しやすくなるポイントです。勤続年数が短い場合、転職・退職を繰り返しているのでは無いかと、潜在的に認識されてしまいます。転職するまで間は無職の場合も考えられます。

住宅ローンの審査通過しやすい基準は勤続年数3年以上となっているようです。

他のローン(借入)の返済履歴大事です。

クレジットカード/自動車ローン/ショッピングローン/携帯の分割購入はローンとして個人信用情報機関に記録されております。レイクも審査する場合、信用情報機関に照会を行い借入金額や、返済履歴を確認しております。他社で借入をしても、しっかり返済をしていれば、審査に影響はでないでしょう。

まとめ

審査に通過しやすいポイントを説明しましたが、新生銀行レイクの審査を受ける前に本当にお金が必要、よく考えましょう。

一度、お金を借りてしまうと、意外と返済は大変です。なぜなら、ちょっとお金が足りなくなると、すぐにお金を借りてしまう癖がついてしまう為、自分の収入以上にお金を使ってしまう傾向に陥ります。

目先のことを考えず、今後を見据えて計画的な返済を考える!

お金を借りたい方は、基本的にお金に困っている状況がほとんどでしょう。ただ、一旦立ち止まって考えて見て下さい。生活費の為ならともかく、娯楽だけの為に借りられれば、良いという考えは非常に危険です。生活に困っている方も、お金を借りる以外の手段はないか、再度考えましょう。

なので、事前に返済計画を立ててから新生銀行レイクの申込を行いましょう。

⇒ 審査のポイントに注意しながら、新生銀行レイクのカードローンを申込んでみる。

新生銀行レイク 審査基準ガイトTOPへ戻る